貸金業者を利用する前には登録番号を調べることが重要

最近では消費者金融や銀行などの貸金業者のほとんどが安心して利用できる所ばかりですが、一部ではテレビや映画で見るような悪徳な貸金業者が現在でも存在して違法行為が行われているようです。被害に合わないように安心して利用できる貸金業者を見極めるための方法はいくつかあります。最もよい方法として貸金業者を営む際には国か都道府県に届け出が必要で、交付された登録番号を店舗内や広告など利用者の分かりやすい場所に掲示することが法律で義務付けられています。しかしお金さえ払えばいつでも交付してもらうことができるため、稀に未登録であったり他社やウソの登録番号を謳っている業者も存在するようです。いつでもこの登録番号と貸金業者名をインターネットで確認することができるので利用する前には一度確認してみることをおすすめします。もしも何らかの被害に合ってしまった場合は未登録の業者であれば警察か地域の消費生活センターにすみやかに連絡することが重要になります。



貸付け利率は法律で決まっている

貸付け利率は法律で上限が決まっており、この上限を超えると違法になります。許容される上限利率は20.0%であり、20.1%になると違法となります。過去にカードローンを利用していた方ですと、27.0%などの法外な金利で借りていた方も多いでしょう。この当時は利息制限法と出資法という異なる法律が存在し、グレーゾーンという無効金利も存在していました。グレーゾーンとは20.0%超〜29.2%の範囲内の金利であり、現在は違法金利となっています。貸付け利率の下限に関しては特に規定はないので、貸金業者の裁量次第でいくらでも低金利で融資することができます。消費者金融の場合ですと、5.0%〜18.0%程度が貸付け利率となっています。銀行の場合は4.0%〜15.0%が平均であり、ノンバンク系よりも金利が優遇されています。低い貸付け利率でローンを利用したい方には、銀行や信用金庫などをおすすめします。最近は銀行も低金利化しており、上限を10.0%程度に設定するローンも登場しています。



返済期間は大切です

キャッシングやカードローンを利用して、お金を借りる場合、しっかりと意識しておきたいのが、返済期間です。お金を借りる時に発生する利息というのは、借入した金額と、金利によって計算されます。現在、金利として書かれているのは、借り入れをして1年後に返済した時に必要となる金利です。1年未満での返済であれば、金利は日割り計算になる為、少額の借り入れであれば一括返済をするようにするだけで、支払う利息が少なくて済む事になります。ただ、現在は、無理なく返済が出来るリボ払いが主流になっており、それ程、高額ではない借り入れであっても、完済までの返済期間が長くなるようになっています。この場合、月々の返済自体はとても楽でも、最終的に支払う利息は、高額になっているという事も少なくありません。高額な買い物をした場合でも、返済期間が長い方が、月々の負担は少なくて済む事になりますが、利息を考えると、繰上げ返済を利用する等、早めの返済を心がける事がお勧めです。司法書士 ヤミ金に強いところを予め見つけてもしもの時に備えるのも大人の役目です。



キャッシングの返済回数の決め方

キャッシングの商品概要を見ると、返済回数に関する項目があるはずです。最高60回、最長5年間などと記載されており、この範囲内での借り入れになりますが、キャッシングは何度でも繰り返し借入と返済ができるローンです。返済回数や期間は自動更新されますので、実際には同社で10年、15年以上の契約をしている方も少なくありません。返済回数が多くなるデメリットは利息が増えることなので、回数は極力少なくするべきです。そのためには、借りる前に返済計画を立てておくことが大切です。賢くキャッシングを利用している方は、最初から12回以内に返済するというように回数を決められています。回数を決めることで、借りられる上限額もわかってくるのです。返済能力が月に5万円の方ならば、100万円を借りて1年で完済することは無理でしょう。借入上限は60万円となりますから、その範囲内に抑える対策ができるわけです。利息を減らして賢く利用するためには、返済回数を減らすべきなのです。



電話番号でわかるヤミ金の見分けかた

貸金業は、国に登録をしてキチンとした届け出の住所と電話番号が必要です。この電話番号は、現行の貸金業では固定電話を必ず設置することを義務つけています。そのために、ヤミ金の場合は住所も掲載せずまた電話番号も携帯電話のものになります。連絡先が、固定電話ではない場合はそれは違法なヤミ金だとわかります。また、ヤミ金は場所も特定できないようにしています。振込などをして、店舗がないのが普通です。この事を、考えてお金を借りると失敗をしません。携帯電話だけに、金融機関がよく張り紙をしていますが全て違法な登録をしていない業者です。間違って、借りると天文学的な数字の利息を請求されます。まずは、連絡先とその店舗の住所がキチンを書かれてありその知事の登録証があることが絶対条件になります。怪しいと、思うならそこを確認することです。そして、振込ではなく実際に店舗にいきその雰囲気を確かめることです。簡単に、振込ところは初めての場合は利用しないことが無難です。



審査なしのヤミ金について

ヤミ金は、審査なし、ブラックリスト入りしている状態でも融資可能等、通常の審査ではお金を借りるのが難しいのではないかという人でも、利用可能という甘い言葉で人を惹きつける事が特徴です。年収が低い、雇用形態が不安定、勤務先に連絡をされたくない等、審査に対して少しでも不安要素がある場合、審査を受けて落ちるよりも、審査なしでお金を借りる事が出来る業者の方が、魅力的に感じてしまう事は少なくありません。ですが、審査というのは、お互いが安心してお金を貸し借りする為に行なうものです。ですから、多少、手間がかかっても、不安要素があったとしても、しっかりと審査を受けた状態で、お金を借りる事がお勧めです。審査なしというヤミ金の言葉につられて、実際にヤミ金を利用し始めた場合、簡単にお金を借りれたその瞬間は問題なくても、返済が始まれば、返し終わらない借金や、強引な取立て等に悩まされる事が少なくありません。ですから、審査はしっかりと受けておく事がお勧めです。



最新情報はこちら!

口コミで闇金業者を調べる

闇金からのダイレクトメール