自己破産するとヤミ金からダイレクトメールがきます

債務整理をして、自己破産を申請して破産宣告をされると政府が発行する官報に一度だけ破産者として名前と住所が掲載されます。その官報を見てヤミ金業者はダイレクトメールを送ります。自己破産をすると、その信用情報に事故信用と付きます。これは、全ての金融機関などに伝わります。すると、どこの金融機関もお金を融資することはしません。クレジットカードや、携帯電話も本体の分割はできなくなります。それで、ヤミ金はダイレクトメールを送付するのです。自己破産をする人は、時として借金をするクセが付いています。そのために、ヤミ金のダイレクトメールを見てまた借りる人も出てきます。この時期が、自己破産した人には一番苦しいときですがここで借りるとせっかくの自己破産が無駄になります。リセットするために、国がチャンスを与えてくれたのが自己破産です。同じことを、繰り返すためではありません。これらのハガキは、全て無視をして処分することです。